メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

異議申立てが認められ、後遺障害部分の賠償も受けることができた事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況(症状):
胸部打撲、頚椎捻挫等
争点:
後遺障害、賠償金
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約330万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 非該当 併合14級 異議申立てにより等級認定

事案の概要

本件事故は、センターラインオーバーの衝突事故であり、ご依頼者様は胸部打撲、頚椎捻挫等の傷害を負いました。

相談を受けた事故後1ヶ月の時点でまだ症状が強く残存していたことから、後遺障害申請を意識して通院や今後についてご案内しました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

事故から約7か月間通院を継続したものの症状が残存していたため後遺障害申請を行いましたが、結果は非該当でした。

しかし、事故状況や通院状況を踏まえると結論が覆る可能性もあると考え、ご依頼者様には異議申立てを勧めました。

ご依頼者様としては、異議申立てをすることで示談まで時間がかかることを理由に異議申立てをすべきか悩まれていましたので、傷害部分の示談を先行して示談することを勧め、それならばと異議申立てを行うことになりました。

その結果、異議申立てに先行して一部賠償金を受け取った後に異議が認められ、後遺障害部分の賠償も受けることができました。

事故後早期の段階から介入して通院等のアドバイスをしたことがこのような結果に繋がったといえます。

後遺障害等級認定

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る