メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間予約受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

基本過失割合を修正するよう主張し、約600万円の損害賠償金額を獲得できた事例

後遺障害等級:
14級
被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
争点:
賠償金額、過失割合
対応事務所:
埼玉法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約600万円 適正な賠償額を獲得

事案の概要

賠償金額、過失割合が問題となった案件です。

異時共同不法行為の案件です。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

本件は、1事故の通院中に2事故目が発生、2事故目の通院中に3事故が発生した案件です。

ご依頼者様は3事故目が発生した段階で相談に来られました。

既に1事故目は、免責証書が送られている段階でしたので、1事故目の相手方保険会社に対し、異時共同不法行為であるし、後遺障害等級申請を行うので、示談は待ってほしい旨お伝えいたしました。

後遺障害等級申請の結果、14級が認められ、自賠責から75万円×3=225万円を回収しました。

また、過失割合についても、ドライブレコーダーを踏まえ、基本過失割合を修正するよう主張した結果、ご依頼者様に有利な修正で示談できました。

最終的には、損害賠償金額が約600万円となり、適切な解決ができました。

弁護士に依頼するメリット

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る