メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

家事労働への影響が評価され、賠償金額が約200万円の増額となった事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
楔状骨骨折後の痛み、しびれ
争点:
賠償金額(後遺障害部分、主婦休損)
対応事務所:
横浜法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約145万円 約350万円 約200万円の増額

事案の概要

ご依頼者様は、40代の兼業主婦で、歩行者として横断歩道を渡っている最中に相手方車両に足首を轢かれ、足首を負傷しました。

その後、治療、リハビリをしたものの、症状が残存したことから、後遺障害申請をしたところ、14級9号の認定となりました。本件の争点は、ご依頼者様の休業損害と後遺障害部分の賠償金額でした。

弁護士法人ALG&Associates

横浜法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

受任後、ご依頼者様から、事故による家事労働への影響を詳細に聞き取り、治療中に生じた休業損害や後遺障害逸失利益を算定し、保険会社への賠償案を提示しました。

なお、本件はむち打ち事案ではないことから、後遺障害逸失利益について、より大きな金額を請求する余地もありましたが、ご依頼者様が早期に解決を強く希望していたことから、14級の相場での請求を選択しました。

交渉の結果、休業損害については、ご依頼者様の家事労働への影響が評価され、約40万円の増額となり、後遺障害逸失利益も約50万円増額となりました。その他にも傷害慰謝料と後遺障害慰謝料も裁判基準で計算し直した額が認定され、総額では、約200万円の増額となりました。

弁護士に依頼するメリット

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る