メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

復職前に交通事故に遭い退職を余儀なくされた事案において、請求通りの休業損害を回収出来た事例

被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
争点:
休業損害額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 休業損害約80万円 適正な賠償額を獲得

事案の概要

ご依頼者様は、停止していたところ、後続の車両に衝突され、頚椎捻挫、胸部打撲等の傷害を負いました。
ご依頼者様は、私病のために仕事を長期休職中で、そろそろ復職をしようとしていた矢先に本件事故に遭い復職できなくなったため、休業損害をどのように請求すれば良いか疑問に思われ、当所に相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様の症状は比較的軽く、約3か月の通院で症状は消失しましたが、勤務先は復職することなく退職されることになりました。
そこで、休業損害を請求するために、本件事故前に提出されていた休職届を取り付け、届出期間が経過した時点で復職予定であったことを主張しました。
また、休職前の給与明細を取り付け、基礎日額を主張したところ、最終的にこちらの請求どおりの休業損害が認定されました。

休業損害を全額回収することができ、ご依頼者様に満足いただけた案件でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る