メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

高速道路上で起きた追突事故において、同乗していた子供2人と依頼者の示談交渉を速やかに行い適切な賠償額を獲得した事例

被害者の状況(症状):
頚、手首の痛み等
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 約76万円 適正な賠償額を獲得

事案の概要

ご依頼者様は40代の女性で、高速道路の渋滞で停車しかけたところ、相手方車両に追突される事故に遭われ、頚椎捻挫、両手関節挫傷等の怪我を追われました。

お車には、ご依頼者様のほか、二人のお子様も同乗されていたため、お子様が心配であること、相手方保険会社とのやり取りに不安があることから、今後の対応を弁護士に任せたいとのことで、ご相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は今後の対応に不安を感じていらっしゃったため、当法人にご依頼いただいて連絡窓口を交代し、治療に専念していただくこととなりました。

ご依頼者様には、約半年間のご通院後にも頚や両手首の痛み等の症状が残存していたため、後遺障害申請を行いました。
なお、ご依頼者様が後遺障害申請を行うまでの間に、二人のお子様は通院を終了されていたため、二人のお子様の示談交渉も速やかに行い、適正な賠償額を獲得できました。

後遺障害申請の結果は、残念ながら非該当でしたが、ご依頼者様のご意向により、異議申立ては行わず示談交渉に進みました。

交渉の結果、慰謝料については実通院日数が比較的少なかったものの、通院期間を基礎とする額が認定され、約76万円での示談となりました。

後遺障害等級の認定には至りませんでしたが、ご家族皆さまの受任、交渉を行い、適正な賠償額が得られたことによって、ご依頼者様に満足していただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る