メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

低額な逸失利益や慰謝料が提示されたものの、紛争処理センターでのあっせん案により増額に至った事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頸部、腰部の痛み
争点:
労働能力喪失期間
慰謝料額
対応事務所:
宇都宮法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 300万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 申請前 14級9号 認定をサポート

事案の概要

依頼者が信号待ちをしていたところ、後方より相手方車両に追突されたもの。依頼者は、頸椎、腰椎捻挫等の傷害を負った。

弁護士法人ALG&Associates

宇都宮法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

治療段階より介入し、治療経過をサポート、後遺障害等級を獲得した。しかし、交渉段階での相手方提案では、労働能力喪失期間が短めにしか認定されていないことによる逸失利器の額の低下、慰謝料額の低下等で、依頼者からは納得しがたいものであった。

事案を交通事故紛争処理センターに持ち込み、協議及びあっせん案の提示を受けたところ、額が60万円ほど上がり、依頼者としても受け入れられる内容となった。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る