メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

併合14級の後遺障害が認定され、当初提示額の倍以上で示談が成立した事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況(症状):
頚部痛
可動域制限
腰痛
背部痛
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
千葉法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約67万 約160万 約93万円増額
後遺障害等級 認定前 併合14級 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は無職の50代男性で、自動車を運転中に後続車から追突される事故に遭われました。 頚部捻挫、腰部捻挫、背部挫傷により整形外科へ6か月間通院を続けましたが、相手方保険会社に一括対応を打ち切られ、示談金の提示を受けた状況で、当法人にご相談にお見えになりました。

相手方保険会社からの提示額がご依頼者様の想定よりも低額であったことから、慰謝料金額の増額を希望され、当法人へご依頼いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

千葉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様の怪我の状況や通院状況を担当弁護士が確認したところ、後遺障害申請をすべき事案と考えられたため、ご依頼者様と相談の上、後遺障害申請手続きを行ったところ、併合14級の後遺障害が認定されました。

後遺障害等級認定後に担当弁護士から相手方保険会社へ賠償額の交渉を行ったところ、事前提示額の約67万円から93万円増額の約160万で示談成立となりました。

後遺障害等級認定

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る