メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

家事従事者の休業損害や逸失利益が認定され、300万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頚部痛
腰痛
右下肢の痺れ
争点:
休業損害
逸失利益
対応事務所:
千葉法律事務所
                          
弁護士法人ALGに依頼した結果
示談金 約260万円 300万円約40万円増額

事案の概要

ご依頼者様は60代の専業主婦の女性で、信号待ちの停車中に相手方車両に追突される事故に遭われました。
事故から6ヶ月後に保険会社の一括対応が打ち切られたため、その後は健康保険を使用して自費通院を続けていましたが、痛みの残る中、今後どのように対応したらよいかにつきご不安とのことで、ご相談にいらっしゃいました。

当法人にご相談いただいた段階で、既に後遺障害申請中の状況でしたが、等級が認定された場合には認定結果に基づいた賠償交渉を弁護士に依頼したいとのご希望をいただき、ご依頼いただきました。
家事従事者であることから、休業損害及び後遺障害等級が認定された場合の後遺障害逸失利益の金額が争点となることが想定されました。

弁護士法人ALG&Associates

千葉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

後遺障害等級14級9号が認定され、ご依頼者様も認定結果にご納得されたことから、相手方保険会社との賠償交渉を開始しました。

相手方保険会社からは、休業損害や後遺障害逸失利益について裁判基準の金額を大きく減額した約260万円との回答がありました。
しかし、ご依頼者様のご希望を踏まえ、最終支払金額が300万円となることを目指して粘り強く交渉を続けた結果、家事従事者としての休業損害や逸失利益が認定され、示談金300万円で合意することができ、示談成立となりました。

逸失利益の請求・交渉

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る