メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間予約受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

弁護士が交渉した結果、200万円以上の増額が認められた事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
左頚部から背部にかけての痛み
頚椎の可動域制限
争点:
賠償金額
対応事務所:
千葉法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約122万 約340万 約218万円増額

事案の概要

ご依頼者様は家事従事者の50代女性で、赤信号で停車中、後続車に追突される事故に遭われました。左頚部から背部にかけての痛み等について後遺障害14級9号が認定され、相手方保険会社より提示された賠償案が妥当かどうかご相談にお見えになりました。

弁護士法人ALG&Associates

千葉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

相手方保険会社からは、約120万円の示談金が提示されていましたが、裁判基準に比べて傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料がかなり低額であることに加え、家事従事者としての休業損害や後遺障害逸失利益が認定されていない状況でした。
ご依頼者様は、購入後1年未満の新車で事故に遭われたこともあり、慰謝料を増額したいお気持ちが強かったことから、当法人へ慰謝料の増額交渉をご依頼いただきました。

受任後、慰謝料や逸失利益を裁判基準で算定し増額交渉を行った結果、裁判基準の95%の慰謝料や家事従事者としての休業損害及び逸失利益が認められ、約218万円の増額となりました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る