メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

一度非該当とされたものの、異議申し立てにより12級が認められた事例

後遺障害等級:
12級13号
被害者の状況(症状):
脛骨骨幹部骨折
争点:
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 約1000万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 12級13号 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、自転車で車道を走行し、大きな交差点を渡ったところ、左折車専用道路から出てきた相手方車両に衝突され、脛骨骨幹部骨折、鎖骨骨折等の傷害を負いました。
ご依頼者様は、後遺障害の申請から弁護士に依頼した方が良いと考え、当所に相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

後遺障害の申請は被害者請求にて行いましたが、残念ながら、骨折部の骨癒合は得られており、変形も認められないとして、非該当と判断されました。
しかし、ご依頼者様には、膝の痛みなどの症状が残存していたため、異議申立てを行うことにしました。
異議申立てにおいては、病院の診療録などを取り付けたうえで、現在の状況などを詳細に主張した結果、自賠責から12級13号の認定を得ることができました。
その後の交渉において、相手方保険会社からは当方の請求通りの賠償額が認定されたため、早期示談の運びとなりました。
一度非該当の認定がなされたものの、その後の異議申し立てにおける説得的な主張が功を奏し、ご依頼者様にも満足いただける結果を残せた案件でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る