メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

ドラレコ映像をもとに衝撃の大きさを主張し 異議申し立てをした結果、14級が認定された事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頚部痛
争点:
賠償金額
後遺障害等級
対応事務所:
千葉法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 300万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 非該当 14級 異議申立てにより等級認定

事案の概要

【依頼者の属性】 30代、女性、会社員
【事故状況】 交差点で信号待ちをしていて、信号が青に変わったため交差点に直進したところ、右側の車線から信号無視をした自転車が依頼者の車両に衝突。
【傷病名】 頚椎捻挫等
【争点】 賠償金額、後遺障害等級

弁護士法人ALG&Associates

千葉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

事故直後から依頼をいただいていましたが、依頼者は症状固定時に頚部痛が残存したため、後遺障害診断書を作成した上で、後遺障害の等級申請をしました。しかし、結果は残念ながら非該当でした。
そこで、担当弁護士は、異議申立てをして、後遺障害が認定されるべきであることを主張しました。その際、ドライブレコーダーの映像も提出し、本件事故により依頼者が受けた衝撃の大きさも詳細に主張しました。
その結果、異議申立てが認められ、後遺障害等級14級9号に認定され、その後相手方保険会社と賠償交渉をして十分な内容で示談に至りました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る