メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

保険会社と揉めていた状態から約70万円増額した事例

被害者の状況(症状):
肋骨骨折
頚椎捻挫
争点:
慰謝料
休業損害
対応事務所:
千葉法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 117万円 185万円 約68万円増額

事案の概要

・依頼者 32歳 女性 パート勤務(兼業主婦)
・傷病名 肋骨骨折、頚椎捻挫
・事故態様 依頼者が優先道路を走行中、相手方車両が丁字路から当該優先道路進入し、運転席に側衝突した(過失割合90:10)
・争点 慰謝料、休業損害 

弁護士法人ALG&Associates

千葉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

弊所への依頼前、依頼者は相手方保険会社の担当者と激しく口論になるなどしたため、相手方保険会社は弁護士を立てた。
相手方保険会社は、依頼者をクレーマー気質の厄介な人間のように認識していたが、実際には、単に正義感が強い人だった。
相手方保険会社がこのような認識をしていたため、その認識に乗っかるような形で交渉を進めることにした。
具体的には、「こんな金額じゃ、依頼者は納得できないのはわかりますよね?」「依頼者、カンカンですよ。」と言って増額を引き出すことにした。
結果、慰謝料を赤本100%、主婦休損を請求の80%で示談することになった。
依頼者は70万円近くの増額を非常に喜んでいた。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る