メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

主婦休損や逸失利益が満額認められ、最終的な賠償額が相手方提示額の約3倍になった事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頚部痛
頭痛等
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約125万円 約370万円 約245万円増額

事案の概要

ご依頼者様は40代の女性で、後続の相手方車両に追突されるという事故に遭い、頚椎捻挫等の傷害を負われました。

約半年間リハビリを行った後、相手方保険会社の事前認定による後遺障害申請の結果、頚部痛や頭痛等の症状につき14級9号が認定されました。

その後、相手方保険会社から賠償案が提示され、その金額が妥当かどうか相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

受任後、速やかに相手方保険会社から資料を取り付け、損害賠償請求書を作成したのち、示談交渉を開始しました。

相手方から提示された賠償案では、ご依頼者様が仕事を休んでいないことから、休業損害が認められない内容でしたが、ご依頼者様は夫と同居し、家事全般を行う主婦であったことから、主婦の休損、逸失利益を請求し、交渉を行った結果、いずれも請求額の満額が認定されました。

傷害慰謝料、後遺障害慰謝料も裁判基準での金額が認定され、当初の相手方提示額の約3倍となる約370万円で示談となりました。

ご相談後、わずか1ヶ月で示談が成立し、弁護士が介入することによって、速やかに適正な賠償額が得られ、ご依頼者様に満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る