メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間予約受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

治療途中からの弁護士介入で、休業損害の増額に成功した事例

被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
腰椎捻挫等
争点:
休業損害
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約180万円 適正な賠償額を獲得

事案の概要

事故態様は、ご依頼者様の乗っていた車が路肩に停止していたところ、後方から走行してきた相手方自動車が追突してきたという事案です。
ご依頼者様は本件事故により、頚椎捻挫、腰椎捻挫等の傷害を負い、通院を開始しました。
その後、通院しながらご自身で保険会社とやり取りしていたところ、事故から2か月程度経ったところで相手方に弁護士が入ることになったとの連絡を受けました。
そこで今後の対応を弁護士に任せたいとのご要望につき当法人にご相談いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

当職が事故態様や治療経過等を検討し、人身に関する損害賠償交渉につきご依頼を受けました。
その後の治療経過においては、窓口を交代し、当職において相手方弁護士と休業損害の支払いや治療打ち切りについて交渉しつつ、治療を継続しました。

本件では、治療期間の途中から休業日数が大幅に増加していたため、相手方弁護士から休業の必要性が争われ、休業損害が大きな争点となりました。
そこで、ご依頼者様のお体の状態やお仕事の内容、休業日数が増加するに至った経緯等について詳細に説明し、相手方弁護士との交渉を重ねたところ、最終的には合計100万円程度の休業損害を回収することができました。
結果として、休業損害について大部分の回収に成功し、その他の損害項目も含め、可能な限り請求額に近づける形で示談に至ることができました。

ご依頼者様本人では困難な交渉について窓口を交代し、治療途中から最終的な示談までしっかりと弁護士が交渉することでご依頼者様にも満足いただける結果となりました。

休業損害の請求

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る