メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

早期の治療打ち切りを打診してきた相手方と交渉し、適切な治療期間が認められた事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頸椎捻挫
争点:
後遺障害等級
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 - 約500万円
(自賠責保険金含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 申請前 14級9号 認定をサポート

事案の概要

事故態様は、ご依頼者様が青信号に従い交差点を直進していたところ、赤信号を無視した相手方自動車に衝突されたという事案です。
ご依頼者様は、頸椎捻挫を受傷し、整形外科に通院していましたが、相手方保険会社から1週間ぐらいで治る等と言われ、今後の治療に不安を感じ、当法人に相談いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

相手方保険会社は介入当初から早期の治療終了を打診してきました。そこで、相手方保険会社には、ご依頼者様の症状や治療の効果等を伝え、また、医師から取り付けた医療照会の回答書等を提出して交渉したところ、約半年間の一括対応を認めてもらうことが出来ました。
その後、当法人において被害者請求により後遺障害申請を行ったものの、初回の認定としては後遺障害非該当という結果となりました。
もっとも、ご依頼者様に残存している症状を踏まると、後遺障害等級が認定されるべきであると思われたため、当法人において追加の資料収集を行い、自賠責に対して異議申立てを行った結果、異議が認められ、後遺障害等級14級9号と認定されました。
後遺障害等級が認定されたことにより、その後の賠償交渉はスムーズに進み、最終的には自賠責保険金を含み、約500万円にて示談に至り、ご依頼者様にも満足いただける結果となりました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る