メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

事故直後からのご相談で併合14級が認められた事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
大阪法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 295万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 14級 認定をサポート

事案の概要

本件事故状況は、ご依頼者様車両が信号待ちで停車していたところ、相手方車両に追突されたというものであり、過失に争いが生じるものではございませんでしたが、今後の相手方保険会社との交渉を弁護士に依頼したいとのことで事故直後に相談されました案件です。

弁護士法人ALG&Associates

大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

7カ月の通院が終了し、後遺障害認定申請をしたところ、非該当の結果がでました。ご依頼者様のご希望もあり、病院のカルテを取付し、弁護士の方で異議申し立てを行ったところ、自賠責保険において、「受傷後の治療状況や症状経過等を再度検討した結果、前記症状(頚部痛等の症状、腰痛・下肢のしびれ等の症状)については、将来においても回復が困難と見込まれる障害と捉えられることから、『局部に神経症状を残すもの』」として、首と腰でそれぞれ「14級9号」との判断がなされ、併合14級が認められました。
異議申し立てによって依頼者様に後遺障害が認定されたことに伴い、後遺障害非該当となった場合に比べて、高額な賠償額を獲得することができました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る