メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

確定申告書なしで十分な休業損害・逸失利益を獲得した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
過失割合
休業損害
賠償金額
対応事務所:
大阪法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 400万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 14級9号 認定をサポート
過失割合 80:20 85:15 より有利になるよう修正

事案の概要

ご依頼者様が信号のない交差点を直進中に、一時停止義務に違反した相手方に左側から衝突された事故です。
相手方から提示されている過失割合が妥当かどうか、今後の通院・治療についての相談や、物損・人身の示談交渉をお願いしたいと連絡をいただきました。

弁護士法人ALG&Associates

大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

受任後、過失割合について、相手方保険会社からは裁判例をもとに80:20(ご依頼者様)の過失割合を主張されていましたが、事故状況についての資料を取り寄せ検討し、相手方の著しい前方不注視を指摘し、最終的には85:15(ご依頼者様)で決着しました。

また、お怪我については、ご依頼者様の治療状況に合わせて7か月弱の治療期間を確保した上で、症状固定後被害者請求の手続きを行いました。無事14級が認定され、示談交渉を行うことになりましたが、1番の争点としては休業損害・逸失利益でした。ご依頼者様は漁師(自営業)をされていましたが、確定申告書等過去の収入を客観的に証明する資料が何もない状態だったため、売上がわかる資料の収集や経費についての聴き取りを行い、過去の収入を概算した上で、弁護士の交渉によりご依頼者様の満足いただける金額を獲得できました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る