メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

育児休暇中の主婦の慰謝料・休損が約190万円で示談成立した事例

被害者の状況(症状):
頚部痛
腰痛
争点:
賠償金額(慰謝料、休業損害)
対応事務所:
千葉法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示無し 約190万円 適正な賠償額を獲得

事案の概要

ご依頼者は30代女性で、コンビニの駐車場内で駐車待ちで停止をしていた際に、別の車に側面から衝突される事故に遭われ、頸椎捻挫や腰椎捻挫等の障害を負いました。
ご依頼者には小さなお子様がいるため、育児休暇中でしたが、事故による腰痛などの症状と新型コロナウイルスの影響により、職場への復帰がずれ込んでしまいました。
その為、休業補償に不安があり、また、加入されている任意保険で弁護士費用特約が利用できることから、当法人へご相談をされました。

弁護士法人ALG&Associates

千葉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

示談交渉の段階で、弁護士は、ご依頼者の時短勤務での復職後収入額と、女性全年齢における賃金平均額を比較した結果、主婦としての休業損害を請求することとして休業損害額130万円弱を含む賠償総額約220万円の請求を相手方保険会社へ提示しました。
それに対して、相手方保険会社は慰謝料を請求額の8割、総額150万円弱の回答し、休業損害については「復職できたにもかかわらず家事ができない理由、できない内容を説明するように」とかなり難色を示しました。
この段階で、ご依頼者は慰謝料に関しては概ねご納得でした。そのため、休業損害獲得の為に弁護士から相手方保険会社へ、ご依頼者の意向や家事への支障を丁寧に説明し、相手方保険会社の対応が軟化してきたところで「休業損害を請求額の80%で認めてくれるのであれば、依頼者は慰謝料についても納得できるものと思われる。」と交渉しました。
そして、相手方保険会社から、休業損害は請求額の80%、慰謝料も請求額の90%が認められ、賠償総額約190万円で示談。ご依頼者にもご納得いただける結果となりました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る