メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

異議申し立てにより14級が認定され、約400万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頚部痛等
争点:
過失割合
賠償金額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約400万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 14級9号 異議申立てにより等級認定
過失割合 9:1(ご依頼者様) より有利になるよう修正

事案の概要

ご依頼者様は50代の男性で、丁字路を右折しようと歩行していたところ、同じく丁字路を右折しようとしていたバスと衝突するという事故に遭われ、頚椎捻挫等のお怪我を負われました。
今後の対応について不安があるとのことで、当法人に相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

当法人の受任後、約半年間の通院ののち後遺障害申請を行うとともに、傷害先行示談を行いました。
傷害先行示談の際、当初相手方は85:15を主張していましたが、交渉の結果、90:10(ご依頼者様)となり、約130万円にて示談となりました。

その後は、後遺障害申請の結果は非該当であったため、当法人にて必要な資料を取り付けた上で異議申立手続きを行ったところ、頚部痛等の症状について14級9号が認定されました。
後遺障害部分の示談においては、裁判基準による慰謝料及び逸失利益が認定され、約190万円にて示談となり、傷害部分を併せると総額で約400万円(自賠責保険金を含む)の賠償金が獲得されました。

弁護士に依頼することによって、適正な後遺障害等級が認定され、ご依頼者様にも満足いただける賠償金額が獲得できた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る