メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

ドラレコの詳細な分析の結果、過失割合を9対1に修正した事例

被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
腰椎捻挫
左肩関節捻挫
争点:
過失割合
賠償金額
対応事務所:
大阪法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約100万円 適正な賠償額を獲得
過失割合 80:20(CL) 90:10(CL) より有利になるよう修正

事案の概要

ご依頼者様は、運転中に横から一時停止を無視した車に衝突され、頚椎捻挫・腰椎捻挫等の怪我を負われました。
過失割合と相手方保険会社の対応に不安を感じられ、当事務所に相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

当初、相手方保険会社は過失割合を80対20(ご依頼者様)と主張していましたが、ドライブレコーダーの映像から当方が回避することは困難であり、主張されている過失割合が妥当でないことを主張し、過失割合は90対10(ご依頼者様)となりました。

結果として、休業損害や慰謝料についても、ご依頼者様の納得のいく金額での賠償を受けることができました。

左方からの衝突事故であることのみから安易に判断せず、ドライブレコーダーを詳細に分析し、本件における適切な過失割合を精査した上で、法的見解を適切に伝えることは、ご依頼者様が独力で行うことは非常に困難です。また、損害額の検討においても従前の裁判例等を検討することも日々の生活に忙殺される中では非常に難しいものです。事故に関する詳細な分析や主張をお任せいただいたことで、ご依頼者様のご納得のいく結論に至ることが出来ました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る