メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

自費通院分および公務員の逸失利益が認められ、約300万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況(症状):
頸椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
後遺障害等級
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約300万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 併合14級 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、車両の停止中、前方からバックをしてきた車に衝突され、頸椎捻挫、腰椎捻挫を受傷しました。
ご依頼者様は相手方保険会社との交渉の窓口を交代して欲しいと希望され、当所に相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

相手方保険会社は逆突という事故態様や低額の修理額等から、約5月ほどで治療費の一括対応を終了すると告げてきました。
そこで、当初でご依頼者様の通院先に医療照会を行い、治療の延長交渉を行いましたが、相手方保険会社はこれ以上の治療期間は認められないとして、結論を覆しませんでした。
その後、ご依頼者様は健康保険を利用し、通院を継続し、自賠責保険に対して後遺障害を申請しましたが、残念ながら非該当と判断されました。
ご依頼者様には後遺障害が認定されてしかるべき症状が残存していると思われたため、資料を集め、異議申立てを行った結果、頚部痛及び腰痛に関し、各々14級9号が認定されました。
賠償交渉では、ご依頼者様が公務員であり、減収がないことから、逸失利益も争われることが予期されましたが、その後の交渉により、4年間の労働能力喪失期間を認めさせることができました。
傷害慰謝料の期間についても、自費で通院していた期間まで認められ、最終的に自賠責保険を含め、300万円にて示談をすることができました。
その時々に適切な方法をとることができ、結果的により良い解決を導くことができた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る