メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

相手方保険会社が事前提示した額の3倍以上で示談成立した事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況(症状):
右肘痛等
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約75万円 約270万円 約195万円の増額

事案の概要

ご依頼者様は20代の女性で、自転車で走行していたところ、相手方車両と接触する事故に遭われ、右上腕骨頭部粉砕骨折の怪我を負われました。

事前認定により後遺障害等級は併合14級が認定されたため、相手方保険会社より提示された賠償金額が妥当かどうか、相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

当法人で受任後、速やかに相手方保険会社から資料を取り付け、賠償交渉を行いました。

ご依頼者様は事故当時20代前半であったため、交渉の際は、逸失利益は女性平均賃金センサスを基礎収入として算定すべきであると主張したところ、逸失利益は女性平均賃金センサスを基礎収入として請求額満額が認定されたほか、裁判基準に基づく傷害慰謝料や後遺障害慰謝料が認定され、最終金額約270万円で示談となりました。

当法人にご依頼いただいたことで、相手方保険会社の事前提示額を大幅に上回る金額が獲得でき、満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る