メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

任意保険未加入の加害者と交渉し、過失0、180万円で示談成立した事例

被害者の状況(症状):
右鎖骨遠位端骨折
胸部打撲傷
右肘関節部打撲傷
争点:
賠償金
過失割合
対応事務所:
大阪法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 180万円 適正な賠償額を獲得
過失割合 100:0 過失0で合意

事案の概要

お子様が自転車で横断歩道を横断中に、左折車両に巻き込まれ、右鎖骨を骨折した。

弁護士法人ALG&Associates

大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

相手方は任意保険に未加入の状態で、病院への治療費の支払いは被害者側にて加入していた保険会社で対応していました。
相手方とのやり取りから、書類の記入・取得方法まで、どう対応すれば良いのか分からないことからご相談いただきました。
まず、弁護士から相手方本人へ内容証明を送り、代理人が入ったこと、通院の状況や今後の請求について伝えました。
双方の物件損害の状況確認や実況見分の取得等、事件を進める過程で発生するやり取りをすべて弁護士で行い、被害者であるお子様には治療に専念していただきました。
その後被害者であるお子様の通院が終了した時点で、自賠責へ立替治療費の請求をし、その結果をもとに相手方へ自転車の修理代・着衣損害・治療費・慰謝料・事故により受験ができなくなったテストの受験料などの請求を行いました。交渉時には、ご依頼者様が本件事故の発生原因ではなく責任がないことを説明し、当方の過失を0とすることで合意することができました。

今回の件につきましては、相手方の窓口が保険会社ではなく直接加害者と連絡を行わなければならなかったことで被害者側に大きなストレスがかかっていました。また当初、相手方が相手方の損害について賠償請求の意向を示していたことから、交通事故の過失に関する法的検討が必要な状況でした。
弁護士にご依頼いただくことで、ご依頼者様の負担が軽減でき、治療や日常の生活に専念していただける点でメリットを感じていただけたと思います。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る