メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

副業分の休業損害と逸失利益が認められ、385万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
腰椎捻挫
左足関節捻挫
背部痛
左肘部挫創
左膝部挫創
争点:
後遺障害等級
休業損害
対応事務所:
大阪法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 385万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 14級9号 認定をサポート

事案の概要

本件事故は、ご依頼者様が運転されていたバイクが信号待ちで停車中に相手方車両が相当程度のスピードで追突したものであり、過失に争いはなかったものの、休業損害の請求と今後の対応を弁護士に任せたいとのことで当事務所にご依頼されました。

弁護士法人ALG&Associates

大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼いただいた時点で治療終了までに残り1か月ほどで痛みが残存していたことから後遺障害認定申請の手続きからさせていただきました。結果は非該当でしたが、ご依頼者様は事故日から症状固定日にかけて7か月にわたり治療に専念したにもかかわらず、症状固定後も自覚症状は継続しており、自己負担で週に2日ほどのペースで通院し治療を継続していたことからご依頼者様の要望もあり、異議申し立てをさせていただいたところ、頚部で14級9号の等級を獲得できました。
また、ご依頼者様は副業もされていたことから休業損害と逸失利益の基礎収入については2社分で請求し、ほぼほぼ認定されました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る