メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

事故発生後すぐに介入し、併合14級が認定、約230万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況(症状):
むち打ちによる頸部の痛み
右腕のしびれ
争点:
後遺障害等級
損害額
対応事務所:
宇都宮法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 230万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 併合14級 認定をサポート

事案の概要

渋滞中に追突され、頸部や腰部の捻挫などの傷害を負った。

弁護士法人ALG&Associates

宇都宮法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

事故発生後ほどなくの時期から介入、依頼者の訴える症状が重かったので等級認定を視野に入れ治療を助言した。途中、相手方保険会社から治療を打ち切られるも、自費通院で継続し、半年が経過したところで症状固定とし、等級申請を行なった。等級は一度非該当とされるも、異議申立ての結果併合14級が認定された。最終示談協議を経て、約230万円でまとまった。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る