メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

損害賠償金140万円及び物損の損害金40万円で和解が成立した事例

被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
争点:
相手方の責任能力
対応事務所:
千葉法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 140万円 適正な賠償額を獲得
修理費用 0円 40万円 和解し修理費を獲得

事案の概要

ご依頼者様は30代の男性で、赤信号で停車中、相手方車両に追突される事故に遭われました。相手方は、事故発生当時意識を喪失していたとして、相手方保険会社は相手方の責任能力を否定し、事故対応を一切拒んでいました。ご依頼者様は、自身での対応は困難であると判断し、当事務所へ相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

千葉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

受任後、怪我については対人賠償保険で対応されることになり、相手保険会社との交渉の上、賠償金140万円を獲得することが出来ました。

しかし、物損については、相手方保険会社は一貫して責任能力を否定し続け、一切の支払を拒否しました。そこで、担当弁護士は交渉による解決は困難であると判断し、訴訟を提起し、相手方へ支払を求めていくこととなりました。
訴訟では、相手方の責任能力の有無が争点とされたため、担当弁護士は主張書面を提出するだけでなく、画像鑑定や専門医による意見書の取付等を行い、裁判所へ提出しました。
提出された証拠を踏まえ、裁判官は、「事故当時、相手方の意識が鮮明であったとは言えない。しかし、事故直前に運転操作をしていること(相手方の車両はマニュアル車)などからすると、意識を喪失していたとも断定できない。」などという心証を開示しました。そこで、裁判官からは、ご依頼者様・相手方ともに「和解」を検討することを勧められ、双方検討の結果、相手方が、ご依頼者様へ物的損害の賠償金として40万円を支払う内容での和解が成立しました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る