メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

過失割合を7:3→10:0にし、約455万円で和解成立した事例

後遺障害等級:
14級
被害者の状況(症状):
全身の痛み
不快感
争点:
過失割合
相当治療期間
後遺障害等級
対応事務所:
宇都宮法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約455万円 適正な賠償額を獲得
過失割合 70対30 100対0 より有利になるよう修正

事案の概要

依頼者が乗用車にて走行中、右車線を走行していた相手方車両が車線変更を行い、依頼者車両に衝突した。

弁護士法人ALG&Associates

宇都宮法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

後遺障害について、自賠責調査事務所において依頼者に認定された等級は14級であったが、依頼者自身は、実質的にはより高位の等級相当であると考えていた。また、過失割合の点では、相手方側主張の事故態様と事実の差異があり、双方見解に開きがあった。その他、相当な治療期間はいつまでか、個別の損害額はいくらが相当かなどで双方の主張が折り合わず、協議はまとまらなかった。
その後、訴訟へと手続きを進め、最終的には裁判官より和解のあっせんがあり、後遺障害は14級ベースで、過失割合は10対0ベースでなど双方の歩み寄りができ、和解成立となった。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る