メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

公務員の逸失利益を主張し、当初提示額の5倍以上で解決した事例

後遺障害等級:
12級7号
被害者の状況(症状):
右腓骨
脛骨骨折
争点:
逸失利益
慰謝料の金額
対応事務所:
福岡法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 治療中 約820万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 申請前 12級7号 認定をサポート
過失割合 未定 5対95 より有利になるよう修正

事案の概要

ご依頼者の方は、自転車で横断歩道を青信号で渡っていたところを対抗右折車(四輪自動車)にはねられ、右足(腓骨・脛骨)を骨折された方です。事故から約半年後にご相談いただきましたが、治療は1年以上の長期に及び、症状固定とされた後も、可動域制限等の症状が残存してしまいました。
後遺障害等級12級7号の認定を受け、損害賠償金を請求したところ、相手保険会社はご依頼者様が事故前は公務員として稼働していたことから、特に逸失利益を強固に争い、さらに慰謝料についても低く算定して、わずか150万円という寡少な提示をしてきたという事案です。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼を受けた後、弊所は治療中は治療費支払いに関する交渉を担い、治療終了後は速やかに後遺障害等級認定申請を行いました。その結果、無事12級7号の認定を受けることに成功したのですが、相手保はご依頼者様が公務員として稼働していたことを主張し、わずかな金額しか支払わないと主張してきました。たしかに公務員の逸失利益は否定的に解される場合もありますが、積極に解する裁判例もありますし、何より本件は、事故後退職を余儀なくされているという事案でしたので、そのような低額での解決を受け入れることはできませんでした。

話し合いでの解決を模索したものの、相手保の担当者は寡少な金額に固執したため、交渉は決裂と判断し、次の手続に移行することにしました。本件は弁護士特約のない事案だったので、訴訟費用や印紙代等の負担等を考慮して紛争処理センターを利用することとし、約4カ月の折衝の結果、相手保の当初提示額から約5.5倍という金額で、無事解決することに成功しました。

後遺障害等級が認定されるような事案では、相手保険会社の提示金額をそのまま鵜呑みにすると、本来得られるはずの賠償額よりはるかに低い金額となってしまう場合もありますので、一度弁護士に相談してみることを強くお勧めいたします。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る