メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

既払いの休業損害等を除いて、約800万円で示談成立した事例

争点:
賠償金額
対応事務所:
埼玉法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約20万円 約800万円 約780万円増額

事案の概要

ご依頼者様は、自動二輪車を運転して交差点に直進にて進入したところ、対向右折四輪車と衝突し、肩を骨折する傷害を負いました。その後、治療を継続したものの、肩の骨が変形し、疼痛が残った状態で治療が終了されました。
その段階で、相手方保険会社から賠償金が提案されましたが、休業損害を100%支給されていたことから、過失相殺の都合上、最終支払金は約20万円であると提案されてしまったという事案です。この段階で弊所にご相談いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

弁護士法人ALG&Associates埼玉法律事務所の担当弁護士が確認したところ、そもそも後遺症が残っているにもかかわらず、相手方保険会社や医師から後遺障害の認定について、全く話がないまま進められている事案でした。そのため、骨折の程度からすれば十分に後遺障害を見込めるとご説明し、依頼を受けました。
被害者請求に必要な資料は、全然そろっていなかったため、後遺障害診断書作成から、自賠書式の診断書、診療報酬明細書で足りていないものについて収集し、被害者請求したところ、無事第12級13号の後遺障害に該当するとの認定を得ることができました。
その後示談交渉をした結果、最終支払として約800万円(既払いの休業損害等除く)を獲得することができました。
ご依頼者様は、初めて事故に遭ったこともあり、全くわからないまま事案が進んでいった中で、低額な補償を提案され非常に苦しんでおられたので、この結果には大変喜んでいただくことができました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る