メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

逸失利益が大幅に増え、当初提示額より約340万円増額で示談成立した事例

後遺障害等級:
第14級9号
被害者の状況(症状):
右脛骨骨幹部骨折
自覚症状:右下腿部痛残存・しびれ
争点:
賠償金額(特に逸失利益)
対応事務所:
大阪法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約80万円 約420万円 約340万円増額

事案の概要

被害者は大学生であったところ、T字路の歩道が途切れた箇所を渡ろうとした際に、左折車に轢かれる事故に遭われました。
骨折後の痛みの残存等について後遺障害14級が認定され、相手方保険会社より提示された賠償案が妥当かどうかご相談に来られました。
相手方保険会社からは、約80万円の示談金が提示されていましたが、後遺障害等級14級の損害額としてはかなり低い金額であり、息子様が若年層であることから、提示金額よりも増額が見込めると判断し、受任に至りました。

弁護士法人ALG&Associates

大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

主な争点となったのは、後遺障害逸失利益です。
当事務所の弁護士は、依頼者が大学生であったことから、逸失利益の基礎収入について、大卒全年齢平均賃金を採用するべきであると主張し、また骨折後の神経症状であることから、労働能力喪失期間についても、5年を超える期間が認められるべきであると主張しました。

交渉の結果、逸失利益について、①大卒全年齢平均賃金を基礎収入として、②労働能力喪失期間13年という内容での示談となりました。その他の項目も増額が認められたため、最終的に示談金約420万円、当初の提示金額よりも約340万円の増額となりました。

依頼者は想定以上の示談金増額に喜ばれ、大変満足とご評価いただきました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る