メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

娘家族との同居により家庭内に主婦が2人いる状態で、主婦休損60万円以上が認められた事例

後遺障害等級:
併合14級(頚部痛及び腰部痛に関し各々14級9号)
被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
後遺障害等級
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約320万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 併合14級 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、50代の女性で、車線変更車に衝突された車両の助手席に同席していた際、頚部及び腰部を負傷しました。
ご依頼者様は、今後の相手方への対応を任せたいと希望され、ALGに相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は、整形外科に約7か月間通院し、後遺障害の申請をしたところ、自賠責保険から頚部及び腰部に関し各々14級9号が認定されました。
賠償交渉では、ご依頼者様が娘家族と同居し、家庭内に主婦が2人いる状態であったため、主婦休損の額が争点となりました。
そこで、ご依頼者様の家族構成を聴取し、ご依頼者様が従事している家事の内容及び支障を丁寧に主張したところ、最終的に60万円以上の主婦休損が認定されました。
他の項目もこちらの主張に近い賠償額を獲得することができ、ご依頼者様にも満足いただけた案件でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る