メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

休業損害を大幅に増額し、賠償金を約460万円獲得した事例

後遺障害等級:
併合14級(肩の痛み及び腰背部痛に関し各々14級9号)
被害者の状況(症状):
上腕骨骨折
骨盤多発骨折
争点:
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約460万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 併合14級 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、60代の女性で、横断歩道を自転車で横断していたところ、右折車に衝突され、上腕骨骨折、骨盤多発骨折を受傷しました。
ご依頼者様は、本件事故以降仕事に復帰することが出来ず、今後の生活に不安を覚えられたため、相手方への対応を任せたいとALGに相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は、骨癒合後も疼痛等が強く、復職することが出来ませんでした。
相手方保険会社は休業が長期化していること、既に150万円ほど支払っていること、就労制限がないこと等から当初休業損害の支払いを拒んできていました。しかし、粘り強く交渉した結果、追加で約160万円の休業損害を回収することができました。
その後、ご依頼者様は症状を改善するため、1年半以上にわたり積極的にリハビリをされましたが、肩の痛み及び腰背部痛は残存しました。
そこで、上記症状に関して後遺障害の申請をしたところ、自賠責保険から各々14級9号が認定されました。
その後の賠償交渉においては、治療費及び休業損害額が高額であったため、差引かれる過失分の額も多くなりましたが、逸失利益は満額、その他の項目もこちらの主張に近い賠償額を獲得することができました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る