メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

後遺障害等級第2級1号が認定され、約4000万円の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
神経系統の機能又は精神の障害 (別表第一2級1号)
被害者の状況(症状):
下肢の廃用による歩行困難
争点:
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約4000万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 2級1号 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、80代の高齢の男性で、赤信号を無視した相手方が運転する車両に衝突され、外傷性くも膜下出血等の重傷を負いました。
ご依頼者様は、今後の相手方への対応を任せたいと希望され、ALGに相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は、下肢の廃用が認められたため、退院後は自宅に戻ることができず、老人保健施設に入所することになりました。
この点、被害者の方が退院後、老健に入所されると、病院側との関係が切れてしまい、後遺障害診断書の作成が難航してしまうことがあります。
そこで、ご依頼者様には定期的に病院を受診してもらい、また、いずれ後遺障害診断書を作成して欲しいことを予め医師に伝えてもらうことで、後遺障害の申請がスムーズにいくように努めました。
その後、ご依頼者様は約1年半後に症状固定と診断され、自賠責から後遺障害等級別表第一第2級1号と認定されました。
賠償交渉においては、慰謝料や老人保健施設の費用など、ほぼこちらの主張通り認められ、請求額に近い賠償額を獲得することができました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る