line
0120-790-073 タップして電話できます

通院のアドバイスを行った結果、14級9号が認定され、約350万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
争点:
後遺障害等級
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約350万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 14級9号 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、50代の女性で、交差点を直進していたところ、信号を無視した相手方車両に衝突され、頚部を負傷しました。
ご依頼者様は、今後の相手方への対応を任せたいと希望され、ALGに相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は症状が強く、後遺障害の残存が見込まれました。そこで、整形外科へ一定期間通院いただく方が良いと考えたため、整骨院ではなく、整形外科でのリハビリに切り替えていただくことにしました。
また、ご依頼者様に症状を定期的に確認し、相手方保険会社とも共有した結果、相手方保険会社から約半年の一括対応が認められ、ご依頼者様は、スムーズに後遺障害の申請に進むことになりました。
後遺障害の申請時も、診断書等を丁寧に確認し、被害者請求にて申請をしたところ、自賠責保険から頚部に関し14級9号が認定されました。
賠償交渉では、主婦休損で請求したものの、パートは休業していないことが争点になると思われました。
そこで、予め、家事の内容や支障の程度を詳細に聴き取り、賠償請求時には書面にて説得的に説明をすることにしました。
その結果、休業損害や逸失利益はこちらの請求通り認定され、最終的に約350万円(自賠責保険金を含む)で示談をすることができました。
事故当初から介入させていただいた結果、節目で適切な対応を採ることができ、より良い結果につながった案件でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る