事故直後からの介入で約170万円を獲得した事例

被害者の状況(症状):
頚椎捻挫等
争点:
因果関係
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約170万 適正な賠償額を獲得

事案の概要

事故態様は、ご依頼者様が運転する自動車が信号待ちで停車中、後方から走行してきた相手方自動車がそのまま衝突したという事案です。
本件事故後、ご依頼者は病院への通院を開始し、お車の修理についても相手方保険会社とのやりとりが始まりました。
事故直後ではあったものの、今後の事故に関する相手方保険会社との交渉窓口を交代したいという点につき当法人にご相談いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

当職が事故態様や怪我の内容等を聴取し、今後の流れ等を説明のうえ、ご依頼を受けました。
ご依頼者様は治療を継続していたものの、相手方保険会社からは、事故車両の損害が軽微だったこと等を理由にご依頼者様の怪我の一部につき事故との因果関係が無いと争われました。
因果関係について判断するため相手方保険会社が自賠責保険に対して行った事前認定の結果、怪我の一部については因果関係が認められないという結果となりました。
その結果をうけて、当法人において追加の資料収集を行い、本件事故における受傷状況やそれらの追加資料の内容に照らせば、本件事故との因果関係が認められるべきであると主張し、自賠責に対して異議申立てを行いました。
その結果、異議が認められ、事故と治療との因果関係が改めて認定されました。

賠償交渉においては、認められるべき治療費の範囲、慰謝料の額等各損害項目が争点となりました。
異議申立てによって因果関係を認定した自賠責の判断等も踏まえて交渉し、結果として、可能な限り請求額に近づける形で示談に至ることができました。
異議申立てにより事故と治療との因果関係が認められ、最終支払額としては自賠責保険金と併せて約170万円を回収することができたため、ご依頼者様にも満足いただける結果となりました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る