line
0120-790-073 タップして電話できます

当初提示額の2倍以上の約300万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
別表第二14級9号
被害者の状況(症状):
脛骨骨幹部骨折
腓骨骨幹部骨折
争点:
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約300万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 14級9号 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、10代の女性で、信号機のない交差点を歩行中、右折車に轢かれ、脛骨骨幹部骨折、腓骨骨幹部骨折を受傷しました。
ご依頼者様は自賠責から14級9号が認定され、相手方保険会社から約150万円の賠償提示を受けましたが、適切な賠償額であるのか疑問に思われ、ALGに相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は、事故当時学生であったため、休業損害及び逸失利益が低額になることが見込まれました。
また、通院日数も少なく、事故状況を伺うと、本件は、ご依頼者様にも5~10%の過失がついてしまう可能性がありました。
ご相談時には率直にリスクもお伝えしつつ、ご依頼者様のお話を伺ったところ、賠償額だけではない本件事故に対するご依頼者様の気持ちが伝わってきました。そこで、ご依頼を受け、相手方と賠償交渉をすることにしました。
相手方保険会社とは、ご依頼者様の気持ちを伝え、幾度となく交渉しました。その結果、逸失利益も認められ、また慰謝料も通院日数ではなく、通院期間を基準とした回答を得ることが出来ました。
最終的な示談額も当初の提示額の2倍以上になり、ご依頼者様にも満足いただける結果となりました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る