line
0120-790-073 タップして電話できます

倒産したタクシー会社の運転手相手に請求を行い、約105万円獲得した事例

被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約105万円 適正な賠償額を獲得

事案の概要

ご依頼者様は50代の男性で、自転車で走行中に相手方タクシーと衝突する事故に遭われ、頚椎捻挫の傷害を負われました。
相手方との窓口交代を希望され、当法人へ相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

約6か月の通院の後も頚部痛等の症状が残存したため、後遺障害申請を行いましたが非該当の結果であったため、ご依頼者様のご希望により異議申立ても行いましたが、残念ながら等級認定には至りませんでした。

その後、相手方タクシー会社との賠償交渉を行おうとしましたが、本件事故後に相手方タクシー会社が事実上の倒産状態となり連絡を取ることが出来ない状況となってしまいました。
そこで、一旦はご依頼者さまが加入する人身傷害保険を受け取り、賠償金額に満たない部分を相手方当事者本人へ賠償請求を行うこととなり、当法人にて相手方当事者本人と交渉を行った結果、最終金額約105万円(人身傷害保険金を含む)にて示談が成立しました。

相手方タクシー会社が事実上の倒産状態となり、相手方から賠償金を回収できない恐れもありましたが、相手方当事者と直接交渉を行うことによって適切な賠償金が獲得でき、ご依頼者様に満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る