line
0120-790-073 タップして電話できます

高齢主婦の休損がそれなりに認められ、約260万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頸椎捻挫等
争点:
賠償金額
対応事務所:
宇都宮法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約260万円
後遺障害等級 14級9号

事案の概要

依頼者は追突事故でむち打ちの傷害を負った。治療終了後に後遺障害の等級認定申請を行ない、14級9号が認定された。その後、相手方保険会社との示談協議へと進んだ。

弁護士法人ALG&Associates

宇都宮法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

依頼者は高齢で、一応仕事はしているものの、給与ベースでの休業損害や逸失利益ではさほど額が伸びそうになかった。そこで家事従事者としての請求を考え、同居家族は子が独立して夫婦のみであったが、家事実態などを具体的に相手方保険会社へ伝え協議したところ、最終的にはそれなりの額をつけてもらえることとなった。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る