過失割合を大幅に修正し、約4000万円獲得した事例

後遺障害等級:
8級
被害者の状況(症状):
左脛骨腓骨遠位端粉砕骨折等
争点:
過失割合
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約4000万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
過失割合 6:4(ご依頼者様) 9:1(ご依頼者様) より有利になるよう修正

事案の概要

事故態様は、信号のある交差点においてご依頼者様運転の自動二輪車が直進していたところ、対向方向から右折してきた相手方自動車と衝突したという事案です。
ご依頼者様は本件事故により、左脛骨腓骨遠位端粉砕骨折等の傷害を負いました。
そこで、今後の相手方保険会社との交渉について当法人にご相談いただき、ご依頼を受けました。
その後、ご依頼者様は上記傷病の治療の為10か月程度通院し、症状固定しました。
そして、後遺障害申請の結果、自賠責保険より後遺障害等級第8級が認定されました。
しかし、相手方保険会社からは、過失割合につき6:4(ご依頼者様)と主張されたため、過失割合についての双方の主張の乖離が大きく、訴外交渉での解決は困難となりました。
そのため、適切な過失割合についての判断を仰ぐため訴訟を提起しました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

訴訟においては、過失割合を中心的争点としつつ、逸失利益その他の損害額全体が争点となりました。
過失割合について、当方からは本件の過失割合は0(ご依頼者様):10(相手方)であるとして主張を展開し、相手方からはそれに対する反論が展開されました。
双方が各争点について主張反論を重ねた結果、裁判所からは、損害額の一部を当方の主張から減額して認定しつつ、過失割合について1(ご依頼者様):9(相手方)とする内容で和解案が提示されました。
上記和解案を受け、ご依頼者様としても早期の解決を希望されたため和解に応じることとなり、結果として、最終的な賠償金額としては交渉時点よりも大幅に増額した内容で和解することができ、ご依頼者様にも満足いただくことができました。

各争点について主張立証に尽力したことでご依頼者様にもご満足いただける結果を出すことの出来た事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る