line
0120-790-073 タップして電話できます

異議申し立てにより14級が認められ、約322万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況(症状):
頭頚部の疼痛
腰椎捻挫後の腰部痛
左膝の疼痛
争点:
後遺障害等級
慰謝料
対応事務所:
大阪法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約140万円 約322万円 約182万円の増額
後遺障害等級 非該当 14級 異議申立てにより等級認定

事案の概要

依頼者がバイクで走行していたところ、車線変更をしてきた相手方車両にぶつかり、巻き込み事故に遭われました。
入院はないものの、疼痛が多数箇所にあり6ヶ月にもわたる通院でリハビリ治療を行ったにもかかわらず、後遺障害等級非該当、相手方保険会社からの提示額も納得できるものではなく、弁護士に依頼されました。

弁護士法人ALG&Associates

大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

依頼者が通院していた病院より、診断書やカルテといった資料を取り寄せ、精査した後に、後遺障害の結果について異議申し立てを行いました。
その結果、頭頚部の疼痛や腰部痛などにおいて、症状の一貫性及び将来においても回復が困難と見込まれることが認められ、受任前は非該当だった後遺障害等級が14級と認められました。
そのことにより、当初相手方保険会社提示額には含まれていなかった逸失利益及び後遺障害慰謝料が加わることにより、示談額の大幅な増額に成功し、約322万円(自賠責部分含む)での示談成立となりました。 また、弁護士が交渉することにより、通院慰謝料部分においても増額に成功しています。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る