line
0120-790-073 タップして電話できます

頚部と腰部の疼痛について併合14級が認定され、約250万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
併合第14級
被害者の状況(症状):
頭痛
頚部痛
左上肢のしびれ
腰部痛
左足のしびれ
対応事務所:
大阪法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約250万円(自賠責保険金75万円含む)
後遺障害等級 併合第14級

事案の概要

依頼者は、お父様が運転する車の助手席に乗車しており、前方渋滞のため同乗車両が停止していたところ、後方車から追突される事故に遭われました。
事故後、頚部や腰部の疼痛などの症状があり、今後のことに不安を感じられたことから、事故から約半月後に弊所に相談に来られました。

弁護士法人ALG&Associates

大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

依頼者は約6ヶ月間通院治療を行いましたが、頚部や腰部の疼痛が残存していたことから、適切な資料を収集した上で、弁護士が自賠責保険会社に対し、後遺障害申請を行ったところ、頚部と腰部の疼痛について、併合第14級が認定されました。

その後、自賠責で認定された後遺障害等級に基づき、弁護士が相手方保険会社との間で示談交渉を行いました。
示談交渉においては、通院慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益が争点となりましたが、弁護士が粘り強く交渉を行った結果、通院慰謝料は裁判基準の9割、その他の損害は裁判基準の満額で示談することができました。

最終的に自賠責保険金75万円を含み約250万円での示談となり、依頼者は、大変満足とご評価いただきました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る