訴訟の結果、相手方提示額の2倍を超える、約1200万円で和解が成立した事例

後遺障害等級:
12級13号
被害者の状況(症状):
左膝痛
争点:
過失割合、後遺障害等の有無・等級、逸失利益等
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 1224万円
(自賠責保険金を含む)
後遺障害等級 12級13号

事案の概要

ご依頼者様は20代の男性で、バイクで青信号の交差点を直進していたところ、対向車線から右折してきた相手方車両と衝突する事故に遭われ、左脛骨腓骨近位端骨折、鼻骨骨折、外傷性頚部症候群等の怪我を負われました。
相手方保険会社との窓口交代を希望され、当法人に相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

当法人の受任後は、相手方保険会社との窓口を交代し、ご依頼者様には治療に専念していただきました。

約1年2か月の入通院加療ののち後遺障害申請を行い、左膝痛の症状につき14級9号が認定されました。
そして、その結果を踏まえ、左膝の骨折部につき画像鑑定を行って異議申立てを行ったところ、左膝の骨折後疼痛の症状につき12級13号が認定されました。

その後、相手方保険会社との示談交渉を行いましたが、折り合いがつかなかったため、加害者に対して訴訟を提起しました。

訴訟においては、被告側から、主に過失割合、後遺障害の有無・等級、逸失利益等につき争われました。
過失割合については刑事記録から100:0(ご依頼者様)を主張し、カルテ等を読み込んで後遺障害等級12級13号が相当であることを主張したほか、逸失利益については勤務先に照会を行って仕事への具体的支障を適示するなどした結果、全項目において当方の主張に近い金額が認定がされ、1224万円(自賠責保険金を含む)にて和解が成立し、交渉時における相手方保険会社の提示額の2倍以上の金額が獲得できました。

当法人にご依頼いただいたことで、適切な等級認定及び賠償金が獲得でき、満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る