ほぼ請求通りに回答が得られ、併合11級、約1300万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
併合11級(12級7号(股関節の機能障害),12級12号(下肢手術瘢痕),14級9号(足関節痛の症状))
被害者の状況(症状):
大腿骨骨幹部骨折
足関節骨折等
争点:
後遺障害等級
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約1300万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 申請前 併合11級 認定をサポート
過失割合 85対15 95対5 より有利になるよう修正

事案の概要

ご依頼者様は50代の男性で、バイクでの通勤中、信号のある交差点を青信号で直進したところ、対向から右折してきた乗用車と衝突し、大腿骨骨折、足関節の骨折等の傷害を負いました。
ご依頼者様は、けがの治療をしながら今後、相手方保険会社と交渉していく事は難しいと感じられ、入院中の段階で弁護士を探され、当事務所に依頼されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

まず、ご依頼者様は通勤中に本件事故に遭いましたが、事故状況からすると無過失ではないと思われたため、治療や休業補償は労災を使用してもらうことにしました。
また、過失割合の交渉を早期に進め、基本過失割合は85対15(ご依頼者様)のところ、95対5(ご依頼者様)にて物損を解決し、治療に専念していただきました。
その後、ご依頼者様は約2年治療をされましたが、股関節の機能障害等が残存したため、自賠責に対して後遺障害の申請を行いました。そうしたところ、股関節の機能障害につき12級7号が、下肢手術瘢痕につき12級12号が、足関節痛の症状につき14級9号が認定され、併合11級と判断されました。
その後の賠償交渉は、労災への手続き等もあり時間は要しましたが、休業損害や後遺障害慰謝料等、多くの費目でこちらの請求通りの回答額を得ることができ、最終的に約1300万円(自賠責保険金を含む)にて示談をすることができました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る