後遺障害等級14級が認定され、合計400万円を超える賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
14級
対応事務所:
神戸法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 420万円
後遺障害等級 14級
過失割合 90対10

事案の概要

ご依頼者様は、片側1車線の道路を走行していたところ、左手に施設がある場所に差し掛かりました。
その施設から路外進出しようとして、加害者の運転する車両が明らかによそ見をしてご依頼者様の車に気づかずにそのまま路外進出をしました。
そのため、ご依頼者様の車の左側面と、加害者の車の前部が衝突して、ご依頼者様は負傷するに至りました。
ご依頼者様は、加害者の不注意により事故に遭ったと考えて、事故直後から相手方保険会社との交渉が必要と考えて、専門家に依頼する必要を感じられ、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

神戸法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

まず、担当弁護士は、ご依頼者様からの聞き取りを踏まえて、加害者の不注意を指摘し、80対20と主張していたものを90:10に変更することに成功しました。

そして、治療についてはご依頼者様が頭痛などで入院するほどの症状を抱えておられたために、通院経過をしっかりと見守りました。
後遺障害等級の申請の際も、後遺障害診断書の作成をサポートし、ご依頼者様の症状等がはっきり分かるような内容にしてもらいました。
カルテなども精査して、後遺障害等級申請を行ったところ、無事、後遺障害等級として14級が認定されました。

その後、速やかに交渉を開始し、最終的には、過失割合90:10であるものの、自賠責保険金75万円を含めて420万円もの賠償金を獲得することに成功しました。

ご依頼者様は、お怪我を負われた後、入院するほどまでの症状を抱えながら、仕事復帰にも時間がかかっていたために、多額の賠償金を受け取ることができて非常に喜んでおられました。
過失割合の交渉だけでなく、後遺障害等級申請及び賠償交渉もうまく成功した事案であり、こうしたお悩みを抱えておられる方については、交通事故に精通した弁護士法人ALGの神戸法律事務所の弁護士にお任せください。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る