請求通りの逸失利益が認められ、約400万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
併合14級(頚部,腰部各々14級9号)
被害者の状況(症状):
頸部痛
腰痛
争点:
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約400万円 適正な賠償額を獲得

事案の概要

ご依頼者様は、50代の男性で、自転車で走行中に相手方車両に衝突され、頚部及び腰部を受傷しました。
ご依頼者様は、頚部及び腰部に関し各々14級9号が認定されたため、今後の賠償交渉を弁護士に依頼したいと思い、ALGに相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は休業はされていなかったため、慰謝料及び逸失利益の請求が主な費目となりました。
ところが、ご依頼者様は会社を経営されており、確定申告書を提出すると逸失利益も大幅に争われることが予想されました。
そこで基礎収入を証する資料として課税証明書を提出し、交渉したところ、逸失利益は請求額どおり認められ、最終的に、約400万円にて示談をすることが出来ました。
適切な資料の選択により、ご依頼者様に満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る