玉突き事故先頭のご依頼者様に後遺障害等級14級が認定され、約340万円の損害賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頸椎捻挫
腰椎捻挫
右肩関節捻挫
右肘関節捻挫
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
大阪法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約340万円
後遺障害等級 未了 14級9号 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様の運転する車両が信号待ち停車中、玉突き事故により後続車に追突され受傷されました。加害車両はわき見運転でノーブレーキだったため、3台玉突き事故の先頭であったご依頼者様にもかなりの衝撃があったとのことでした。ご相談当時、ご相談者様は治療継続中でしたが今後の相手方保険会社の対応を任せたいとのことでご依頼いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

弁護士介入後、ご依頼者様には治療を継続していただいていましたが、治療4ヶ月目にして相手方保険会社より治療打ち切りの連絡がありました。腰と足のしびれ、違和感がまだ続いている状態でしたので治療延長交渉を行い、治療5ヶ月までは一括対応の延長に成功しました。しかしながら、それ以上の延長は難しく、治療6ヶ月目以降は健康保険に切り替え、ご依頼者様にお立替頂き治療を継続しました。健康保険に切り替えの際の第三者行為による傷病届提出についてはご不明点があれば弊所より適宜書き方のアドバイスをいたしました。
治療継続したものの首の痛み、痺れが残存したため、後遺障害等級認定申請を行いました。ご依頼者様より事故状況、治療経過、現在の症状について詳しく聞き取りを行い、また、主治医へご依頼者様の状況に適した神経学的検査の実施、留意いただきたい自覚症状の記載等を依頼しました。この他にも煩雑な事務手続き、各医療機関での撮影画像の手配等もこちらで進めさせていただきました。その後の審査を経て、自己負担による治療6ヶ月目以降の治療については事故による治療として因果関係が認められ、ご依頼者様がご負担された治療費を回収することに成功しましたが、後遺障害等級は非該当の結果となりました。後遺障害等級非該当の結果はご依頼者様のお気持ちとしても、弊所としても誠に遺憾であり、異議申立を行うこととなります。異議申立にあたり、全治療期間のカルテを全て取得し、また、主治医にも医療照会を行いました。根拠資料を一通り取得した後は弁護士が異議申立書を作成し、内容についてもご依頼者様とお打ち合わせを行いました。異議申立書では、撮影画像の抜粋及びカルテ上で有利になる部分を特に強調して提示し、将来においても回復が困難と見込まれる障害が残存していると主張いたしました。この他にも、追突事故の衝撃がどのくらいであったか主張するために、被害車両の損害写真を提示するなどしました。
異議申立の結果、後遺障害等級14級を獲得するに至り、その後の示談交渉でも後遺障害慰謝料、逸失利益の主張が可能となりました。
損害賠償額の提示にあたり、算定し得る最大限の金額で交渉を開始しました。最終的に、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、通院交通費、休業損害などほぼすべての項目で裁判所基準満額で認められ、逸失利益についても交渉の末、労働能力喪失期間4年で合意するに至りました。結果と、ご依頼者様は後遺障害等級14級に関する自賠責保険金75万円を含む約340万円の損害賠償金を獲得することとなりました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る