少ない通院日数に関してアドバイスとサポートを行い、14級及び請求通りの逸失利益が認められた事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頸椎捻挫
争点:
後遺障害等級
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約350万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 14級9号 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、車両の停止中、後方から追突され、頚部を受傷しました。
ご依頼者様は、仕事が忙しく、自身で相手方保険会社と交渉を行うことは困難であると考え、当所に相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は、営業の仕事をされていましたが、休むことが出来なかったため、あまり通院することが出来ませんでした。
そこで、ご相談時に、通院のペースを伺うとともに、診察時のポイントをお伝えし、通院日数が少なくとも治療の効果があがるよう、アドバイスをしました。
その後、ご依頼者様は半年ほど通院されましたが、残念ながら症状が残存したため、自賠責に後遺障害の申請を行うことになりました。
その際、通院日数が少ないことが不利に判断されることのないよう、上申書等の資料を添付したうえで申請をしたところ、頚部痛に関し、14級9号が認定されました。
その後の賠償交渉では、申立人は休業や減収はありませんでしたが、仕事での支障を詳細に述べた結果、請求額どおりの逸失利益を認めさせることができました。
受傷当初から適切な措置をとることが出来たことが、より良い結果につながった案件でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る