line
0120-790-073 タップして電話できます

年式は古いものの人気がある車の評価額を見直させ、修理代金を獲得した事例

争点:
車両時価額
対応事務所:
宇都宮法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 20万円 約50万円 約30万円の増額

事案の概要

依頼者が駐車場から道路に出るに際して停まっていたところ、後続車が追突をした。物損の点で、車両が相当古い型のものであり、相手方側では時価評価は低いものであった。

弁護士法人ALG&Associates

宇都宮法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

依頼者の車両は、確かに年式は古いものの、愛好家の間ではそれなりに人気があるようで、実際の売買ではプレミア価格がつくこともあるものであった。ネットで販売例を調べ、それを提示して協議したところ、相手方側である程度かかる事情を時価算定に反映することに応じた。そうすると、結局は修理額の方が低額となったため、修理代金の賠償で決着となった。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る