line
0120-790-073 タップして電話できます

通院日数が少なかったものの、約615万円を獲得した事例

後遺障害等級:
12級5号
被害者の状況(症状):
右鎖骨骨折後の右鎖骨の変形傷害
右肩関節の疼痛
争点:
損害額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約615万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 12級5号 認定をサポート
過失割合 未提示 10(ご依頼者様)対90

事案の概要

ご依頼者様は50代の男性で、バイクで道路を直進していたところ、左側路外駐車場から道路に進入してきた車両に衝突され、右鎖骨骨折、右肩甲骨骨折の傷害を負われ、今後の対応を任せたいと当法人に相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は約1年11か月のご通院後も、右肩関節の疼痛の症状が残存していたため、当法人において後遺障害申請の手続きを行いました。その結果、右鎖骨骨折後の右鎖骨の変形障害について、右肩関節の疼痛も含めて、後遺障害等級12級5号が認定されました。
適切な等級が認定されたことから、相手方保険会社との示談交渉に移行しました。

示談交渉の際は、通院期間に比して実通院日数が少なかったことや、確定申告書上の所得金額が少額であったため男性全年齢平均賃金センサスを基礎収入として逸失利益を請求したこと等から、傷害慰謝料の金額や逸失利益における基礎収入額等が主な争点となりました。
傷害慰謝料については、ご依頼者様の負われた怪我が骨折であって、骨折の治療としては一定期間安静に過ごす必要があることから実通院日数が比較的少ないことが不利に考慮されるべきではないこと等を主張したほか、逸失利益については、業務内容や残存する後遺障害による業務への支障などを詳細に説明した結果、傷害慰謝料は一定の通院期間を基礎とした金額が認定され、逸失利益も基礎収入は確定申告書の収入を基にした算定にはなりましたが適正な金額が認定され、最終金額約615万円(自賠責保険金を含む)で示談となりました。

後遺障害等級の獲得をサポートさせていただけたことに加え、粘り強い交渉によって、適正な賠償金額が獲得でき、ご依頼者様に大変ご満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る