line
0120-790-073 タップして電話できます

後遺障害等級12級が認定され、約1000万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
12級6号
被害者の状況(症状):
膝の機能障害
膝の痛み
争点:
損害額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約1000万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 12級6号 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、40代の女性で、バイクで優先道路を直進していたところ、左手から直進してきた車両に衝突され、脛骨高原骨折、脛骨腓骨近位端粉砕骨折等の傷害を負いました。
ご依頼者様は、そろそろ症状固定と医師から説明されたので、今後は後遺障害の申請から専門家に任せた方が良いと考え、ALGに依頼されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様には受傷した足関節について機能障害及び疼痛が残存していました。しかし、ご依頼者様は、医師とうまくコミュニケーションがとれないと感じており、適切な検査を受けられるか不安に思われていました。そこで、最終の診察の前にご依頼者様と入念に打ち合わせを行うこととし、打ち合わせどおり医師に検査を希望することを伝えてもらった結果、ご依頼者様の状態が正しく反映された診断書を作成してもらうことが出来ました。
その後の自賠責への後遺障害申請は被害者請求で行い、予想どおり、1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すものとして、第12級6号が認定されました。
その後の賠償交渉では、当所の介入前に休業損害や内払の支払を受けていたため、主に逸失利益や慰謝料を請求しましたが、多くの項目でこちらの請求に近い額が認定され、約1000万円(自賠責保険金を含む)にて示談をすることが出来ました。
事前の準備を整え申請に臨んだ結果、目指していた等級を獲得することができ、その後の賠償交渉もスムーズに進めることができた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る